当社は真空成形・真空圧空成形・熱板圧空成形 他、プラスチック製品をつくっております。

楯岡物産株式会社

0237-55-2436受付 8:00~17:10

会社案内

経営方針Management policy

お客様に喜ばれる優れた製品の提供と環境保護に努め、社員の生きがい創出と会社の永遠の繁栄をはかり、豊かな社会の実現に貢献する

代表取締役

代表取締役 檜山 智子

1.お客様の満足する製品づくりを喜びとする。
2.安全第一の作業を行い、健康で活気に満ちた社風をつくる。
3.環境の保護と省資源に努める。
4.何事にも積極的に挑戦し行動力を発揮する。
5.コミュニケーションの強化を図り、全員協力体制をつくる。

品質方針Quality policy

高品質の製品をお客様に提供し、顧客満足と信頼の獲得に努め、社員の生きがいと会社の成長を図り、豊かな社会づくりに貢献する。

環境方針Environmental policy

楯岡物産株式会社は、全社の事業活動において、廃棄物の減量化、環境負荷低減、資源のリサイクルに努め、環境改善と保全活動を推進します。
1.事業活動において、省エネルギー、省資源に努め、廃棄物質の削減、環境管理物質の削減及び不使用の継続に努めます。
2.環境関連の法規、条令・協定、当社が同意したその他の諸要求事項を遵守し、必要に応じて、自主基準を定め、一層の環境保全に努めます。
3.全員に対して環境教育を行います。
4.労働環境を含めた環境監査を実施し、環境管理システムの継続的改善に努めます。
5.環境保全活動を通じて、地域社会に積極的に貢献します。
6.この方針を文書化して、全従業員に周知徹底します。
7.環境方針、目的、目標は年度末または必要に応じて見直し、全従業員に周知します。

会社概要Profile

社名 楯岡物産株式会社
本社工場所在地 〒995-0036 山形県村山市楯岡中町4番5号
電話 0237-55-2436 / FAX 0237-55-6128 
パッケージショップ
ブッサン
〒995-0033 山形県村山市楯岡新町1-8-6  電話/FAX 0237-53-2243
資本金 3,200万円
決算期 3月
営業内容 プラスチック成形品(工業部品用・食品容器用・雑貨用品)
紙器・折箱・包装品の製造販売
役員 代表取締役    檜山 智子
常務取締役    蔵野 真貴
取締役      檜山 潤子
取締役      遠藤 光彦
取締役製造部長  檜山 洋輔
監査役      五十嵐 清人
従業員数 45名
取引銀行 荘内銀行楯岡支店/山形銀行楯岡支店 /きらやか銀行楯岡北支店

会社沿革History

平成 29年 自動油圧断裁機、ロールシート連続真空成形機導入。
平成 24年 ロールシート連続真空成形機導入。
平成 23年 ロールシート連続真空成形機導入。
平成 22年 第4工場竣工、自動油圧裁断機導入。
平成 20年 ISO9001認証取得。
平成 16年 品質マニュアル構築。
平成 15年 環境マニュアルの構築により、SONYグリーンパートナーになる。
平成 13年 全自動真空圧空シャトルシステム機導入。
平成 7年 連続圧空真空成形機 導入。
昭和 63年 楯岡駅(現村山駅)前の包装資材小売店を新築し、「パッケージショップブッサン」と改名する。
昭和 62年 資本金32,000,000円に増資。村山市楯岡中町に新社屋竣工し本社を移転 、プラスチック部門と紙器部門の合理化体制を確立して生産性を強化する。
昭和 54年 プラスチック成形品の拡大を図るため、村山市楯岡中町に第二プラスチック工場竣工。
昭和 42年 事業拡充計画に伴い、プラスチック成形品の自社生産を開始し、販売の拡大を図る。
昭和 28年 折箱および紙器の製造販売に加え、冷菓用カップ製造を手がけ、販売。
昭和 21年 資本金180,000円にて、楯岡物産株式会社と会社組織に変更。
昭和 9年 檜山六郎が折箱の製造販売を目的として、山形県村山市楯岡に個人創業する。